経済状況を映すゴルフ人気の急上昇と急降下

男女

国内のゴルフ場は会員制をとっているのでゴルフをプレーしたければ会員になるか、会員の紹介、或いは、会員の同伴が必要になりますが、高度経済成長時代、会員になることがブームでした。一方で、全国の山を削ってゴルフ場開設が相次いでいましたが、企業や個人の金余りによる投資対象になっていました。このため、ゴルフプレー人気の高まりによりゴルフ会員権相場が高騰していました。評判が良くて由緒あるゴルフ場の相場は1億円を突破していたほどです。しかしながら、バブル崩壊とその後の不透明な景気の続いた今世紀初め辺りを契機としてゴルフ人気がなくなってくると会員権相場も一気に下降線を辿ってしまいました。リーマンショック以後、金余り現象もあっという間に影を潜めてしまい、得意先のゴルフ接待ブームにも陰りが出始めると会員権相場が急降下したものです。それと同時にゴルフプレー人口も減ってしまったようですから、経営の青息吐息になっているゴルフ場が結構増えているようです。その反面で最近は、会員権相場が下落したおかげでゴルフ好きな人が会員権を購入しやすくなりました。会員権を入手すると名義書き換え料の他に年会費と取引手数料等の費用支払いが必要になります。しかしながら、会員権を取得すればビジターと違ってプレー代が割引価格になるのでプレーを継続的にする人にとって会員権を持つことは元が取れると感じられるようです。

若者や女性にもプレーを楽しんでもらう試み

ゴルフ

ゴルフ会員権の相場は相変わらず低迷したままですが、プレーする人が中高齢の男性に限られていることが相場の低迷する一因のようです。最近、プレーの楽しさを知ってもらおうとするゴルフ場経営者の尽力もあり、若者や女性の間でプレーを始める人も増えてきたようです。但し、ゴルフ場のコース設計難易度がゴルフ場毎に異なっているため若者や女性に評判の高まる所も限られています。今後のゴルフ人口を増やすには若者や女性がターゲットして捉えられているわけです。また、殆どのゴルフ場は街中から離れているのでプレーするのに行きやすい場所とそうでない場所に分かれるようです。今後、所在地によってもゴルフ場人気が二極化し、ゴルフ会員権の相場にも影響するだろうと言われています。そこで、ゴルフ場によっては最寄り駅やターミナル駅からの無料シャトルバスで送り迎えを積極的に行うゴルフ場もあります。経営者のこうした努力が実ってゴルフ人気に再度、火のつくことが期待されるわけです。

広告募集中